こうやって飲めば効果バツグン?タダシップの効果的な飲み方

タダシップの基本的な飲み方と効果的な飲み方

いつどうやって飲めばタダシップの効果を最大限に発揮できるのか。はじめてだと以外に慣れないものです。

基本的な飲み方は市販薬などと同じですが、タダシップの効果を100%発揮させるためにはもう少し工夫が必要。

そんなタダシップビギナーの方々へ、どのシチュエーションでも効果が発揮できるような具体的なコツをお教えします。

 

 

タダシップの基本的な飲み方とは

タダシップの基本的な飲み方

まずは基本的な飲み方をおさらいしましょう。

用法:勃起不全の改善、維持
用量:1日1回1錠(5~20mg)まで
間隔:次の服用まで24時間以上あけること

ちょっとワンポイント
・飲むだけでは勃起しません!
タダシップは勃起を手助けしてくれる治療薬です。媚薬とは違ってムラムラするわけではありません。きちんとペニスに刺激を与えるようにしましょう。

これってどうなの?プチQ&A

Q. タダシップの効果が早めに切れたんだけど、またすぐ飲んでもいいの?

A. 効果が早めに切れたと思っても、感じていないだけで体には作用し続けてることがあります。
思わぬ副作用を引き起こさないためにも、次の服用まで24時間以上は必ず空けるようにしましょう。

飲むタイミングに悩む…。

デート中は自然な流れでセックスまでもっていきたい。でも慣れてないと服用のタイミングに悩みますよね。そこで、タダシップを飲むベストなタイミングをお教えしたいと思います。

それはズバリ、食事の1時間前です!

タダシップは効果が発揮するまでに30~60分ほどなので、効果を発揮させたあとであれば食事をとっても、効果に影響はありません。

無理にセックスの○時間前に飲むと決めてしまうと、そこからまた逆算して、時間稼ぎをしたり食事のタイミングをズラしたりしないといけなくなります。
タダシップの効果を最大限に発揮させたい場合は、とりあえず食事の1時間前には飲む!これだけ覚えておけばOKです。

空腹のままのセックスはキツイ

食事の1時間前には飲んでおく!とはいっても、完全にフリープランのデートだった場合は食事のタイミングがまったくわからないですよね。
最悪の場合、タダシップの効果を最大限に発揮させたいがために、食事を抜いてセックスに望むというシチュエーションもありえるかと思います。

セックス中ってけっこう汗もかくし疲れますよね。なんと1回のセックスで消費する体力は、なんとランニングマシンで15分走り続ける消費量に相当します!
となると空腹のままはキツイですよね。どうしても食後の服用になるからといって諦めることはせず、油分の多い食事をさけて、腹6~7分目くらいで抑えるようにして飲めばOKです。

タダシップ本来の効果を発揮させるために

基本的な飲み方に加え、タダシップの本来の効果を発揮させるための注意点を紹介します。

お酒の飲み過ぎに注意
アルコールはリラックス作用があるので適量飲むのは良いですが、逆に飲みすぎると副作用が強くなることがあります。また、お酒が入っているとイキづらくなることもあるので、お酒を飲む場合は本番に備えて控えめにしましょう。

食事は油分の少ないメニューを
油分の多い食事だとタダシップの成分が体内に吸収されづらくなり、最悪そのまま便として抜けてしまうこともあります。なるべく揚げ物など油分が多い食事は控え、あっさり目のメニューを選ぶようにしましょう。

タダシップを飲むタイミングは体感的に慣れるべし!

タダシップを飲む上で、デートのスケジュール調整や、食事のタイミングを気にする等、普段は気に留めてなかったことを注意していく必要があります。
最初はめんどくさいと思っていても体感的に慣れていくので、無理のないようタダシップ通販でED改善をしていきましょう。